ドライオーガズムの風俗、M性感エステ等でドライオーガズムが流行っている理由とは?

陰茎を刺激することによって快感を得て射精を伴うオーガズムをウェットオーガズムと呼ぶのにに対し、前立腺を刺激することによって快感を得て射精を伴わないオーガズムをドライオーガズムと言います。

その快感たるや強烈でドライはウェットの数百倍の快感という説もあるくらいです。

しかし、男性の場合自ら前立腺を刺激することは大変難しいものです。

エネマグラという前立腺を刺激する器具を入手してドライに挑戦しても快感を得ることができる人はまれなようです。

ドライの経験者を達成者と呼ぶのもドライの快感を得ることがいかに難しいかを物語っています。

「ドライに達するにはコツがあってコツさえつかめば後は簡単」とか、「何度でも逝ける、マルチプルオーガズムを味わえる」と言ってもそのコツをつかむ最初の一回が困難なのです。
さてそのコツですが、イメージトレーニングが重要とされています。

イメージする内容について説明すると「自分が女だ」と思い込むことに尽きるのです。

自分が男であるという事実を忘れ、女になった自分が男性に犯されているというのをイメージする、妄想するという想像力が大切です。

脳内ホルモンを分泌させるために乳首を触ったり、肌を優しくなでたりすることができるとドライに達するのに近づきます。

これをオナニーでやろうとすると大変なので、M性感エステの中でもドライオーガズム専門店に行って手伝ってもらうのがいいという声もあります。

ドライオーガズムの後遺症L

M性感エステでは、ベテランの女性が言葉責めやパウダーマッサージなど様々な手法を用いてドライに導いてくれます。

M性感エステを活用する時の利点を挙げます。
・ベテラン女性がお風呂で体を洗ってくれたり、マッサージをしてくれたりすることで気分が和らぎリラックスできます。
・ラブホテルなどの環境で接客を受けるので感じたときに恥ずかしい声を上げても平気です。
・アイマスクをしてくれたり、部屋の照明を薄暗くしてくれたりするので余分な情報をシャットアウトできます。
・前立腺を刺激するためのエネマグラも数種類以上用意しているので男性の体に合ったものを使用してくれます。
・潤滑ゼリーを用意しておりエネマグラを挿入するときに肛門周りの粘膜を傷つけないよう細心の注意を払ってくれます。
・浣腸の世話もしてくれます。
排便をして腸内環境を綺麗にしてからドライに導いてくれます。

逝くコツですが、エロの世界に入り込み、感じたときは女性のように声を出すこと、アイマスクなどで視覚を奪い、女性の言葉責めに素直に反応すると逝きやすくなります。

身体や足がガクガクしはじめ、「おかしくなる~」と思わず口走ってしまうときがドライに入り込む瞬間で、その恍惚感たるや表現することができません。

前立腺だけでなく、脳や全身で感じるのがいいのでしょう。

そのときには脳内麻薬のような物質が自然と分泌されているはずです。

それなりの費用はかかりますが、M性感エステを上手に活用してドライオーガズムに挑戦してみるのが早道と思います。

ドライオーガズムの後遺症P

悪質な風俗店にご注意ください。

もちろん、強制ドライオーガズム法や、ラヴィーナ、ULT究極のドライオーガズムバイブル等の優良情報商材を購入したほうが、コストパフォーマンスに優れて、失敗がなくかなりお得であることは言うまでもありません

M性感風俗店についてさらに詳しく調べてみました。

ドライオーガズムのことを知りたくてM性感風俗店のサービスを調べてみました。

そもそもドライオーガズムとは何かというと、男性の射精を伴うオーガズムをウェットオーガズムというのに対して、射精の伴わないオーガズムのことを言うのだそうです。

射精しない分萎えることがないので、その快感を何度でも繰り返し味わうことができるかなり羨ましいオーガズムと思います。

男性にとって一度覚えてしまえば後戻りすることのできない禁断のオーガズムであるドライオーガズムを売り物にする店がM性感風俗店です。

ドライオーガズムの後遺症M

早速店のコンセプトについてみてみましょう。

客の男性は完全受け身です。

女性(セラピスト)に対しキスやお触りは一切できません。

ただひたすらセラピストの責めを受けることが基本です。

受け身でいる分激しくないので体に負担がかかることはありません。

サービスの内容は、セラピストのリップサービスや焦らし、前立腺マッサージ、言葉責めが中心になります。

M性感とはSMのM(マゾ)を意味する言葉がついていることで分かるように、男性の心の奥底に持つ被虐願望を呼び起こし、女性がSとして男性を焦らしたり、いたぶったりすることでまだ経験したことのない新たな快感を味わってもらう性的なサービスになります。

セラピストの恰好は上半身裸のトップレスです。

リップサービスや言葉責めの他、男の潮吹きとドライオーガズムを目指して前立腺マッサージのサービスがあります。

実際のところ男の潮吹きやドライについては必ず達成するという保証はありませんが、ベストエフォートでできる限りの努力はしてみるという意味です。

具体的にどのようなことをするのかについて説明します。

セラピストが男性客にアイマスクをして外部からの情報をシャットアウトします。

ドライオーガズムの後遺症Z

次にSM用の拘束具を用いて手足を拘束します。

痛みを与えることが目的ではないので痛くはありませんし、身体に跡がつくことはありませんが、恥ずかしい恰好をさせられたまま手足を動かすことができなくなります。

さらにセラピストによってスケベな淫語で責められます。

ドライオーガズムの後遺症U

ここで二つの選択があります。

一つはアナルにエネマグラを挿入され前立腺を刺激されドライオーガズムを目指すか、もう一つは亀頭や陰茎全体をローションまみれにされて執拗な手コキで焦らされウェットオーガズムを目指すかです。

この究極の選択に悩む男性はたくさんいますが、どちらを選ぶかは男性の自由になります。

利用する男性は、かなり年配の方が多いようです。

これはソープやデリヘルなどで激しい動きをするのが疲れるので、完全受け身で体に負担が少ないM性感風俗店が体に優しいという理由もあるようです。

料金的には近くのラブホテルを利用することが条件で、90分1万6000円、2時間2万2000円程度です。

ごく普通のマッサージをお願いすることもできるのですが、せっかくだからとドライに挑戦する人も多く、いつも繁盛しているようです。

風俗で言うドライオーガズムは基本的にはアナルを責められながらのテコキでの射精です。

基本的には、前立腺の刺激だけでドライを期待してはいけません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ